無言電話の対処法

無言電話など電話関係の嫌がらせで悩まされている方は少なくありません。無言電話といっても、その種類によって対策方法も異なってきます。では、どのような種類があるのでしょうか。
まずは単なるイタズラであるということ。適当な番号をかけて、たまたまかかった電話番号に繰り返しかけてきているという場合。次に在宅していることを確認するためにかけてきている場合。これは訪問セールスなど悪質な営業セールスなどで使われることがあります。こういったものは、NTTに相談をすることでサービスの範囲内で解決することができるものもあります。無言電話で困っているという場合は、まず最初にNTTに相談をしてみると良いでしょう。
悪質なのが、ストーカーなどによる無言電話の場合です。NTTの相談で解決する場合もありますが、電話番号を変えてもかかってくるなど、悪質でしつこい場合もあります。こういったときは、探偵事務所や警察への相談をおすすめします。探偵事務所の場合は、電話がかかってくる時間帯、電話の頻度など様々なパターンを分析して、ストーカー相手や犯人を絞り込んでいきます。こうした電話を使った嫌がらせというのは、ストーカーの入り口です。初期対応をきちんと行っておかなければ、後々もっと大変なことになってしまう可能性もありますので、早めに相談をするようにするといいでしょう。

無言電話は電話番号検索で相手を特定できるのか?

無言電話がかかってきたり、いたずら電話がかかってきたり…。これが一時的なものなら良いですが、頻繁にかかってくるようになると本当に精神的にも追いつめられて辛いものになります。探偵事務所は、人探しなどだけでなく、このような電話によるいたずらを解決することもできます。では、どのような方法をとるのでしょうか。
よく、電話を逆探知するなどということがドラマなどで見かけられますが、これは個人情報保護法に関わってくるために、違法にあたります。探偵事務所では、違法にあたるようなことは行うことができませんので、逆探知などを利用して個人を特定することはできないのです。
では、どのように相手を特定していくのかというと、電話のかかり方や時間帯、パターンなど様々なことを分析して、相手の犯人像を絞り込んでいきます。たとえば、ある一定の時間の間隔ごとに電話がかかるのであれば、その間隔は一体何の間隔なのか。視聴しているテレビのCMの合間に電話をしているのか、月曜日だけは日中も電話がかかってくる…ということは月曜が休日である仕事をしているのではないか。こういった方法で、相手を徐々に絞っていき、特定していきます。
特にこれがストーカーなどの場合は、早期に対処をしておかなければ、後々に直接接触を図ってくるなど重大な事件になりかねません。いたずら電話だからといって、あまく見ていては危険な場合もあるので、気になる場合は一度探偵事務所に相談をしてみると良いでしょう。

無言電話は逆探知することはできるの?

よくテレビドラマや映画などで、警察が電話の逆探知を行い、犯人の居所を突き止めようとするシーンがあります。色々な道具を持っている探偵ならば、このような逆探知器などを所持しており、無言電話などいたずら電話の相手を簡単に突き止めることができるのではないかと思われている方も多くいらっしゃいます。では、実際に無言電話は逆探知することができるのでしょうか。
実は、探偵が逆探知をして相手を特定するという行為は、個人情報保護法に触れるために行うことができません。探偵は、あくまで一般職であり、警察組織ではありません。逆探知などは、警察組織が犯罪者の特定など特殊ば場合のみに行うことができる特別な方法なのです。そのため、探偵は逆探知をはじめとした、法律に触れるような調査を行うことはできないのです。では、どのようにして無言電話などいたずら電話の相手を特定するのでしょうか。
探偵は、その実績や経験を駆使して、かかってくるいたずら電話のパターンなどから犯人像を割り出していきます。たとえば、何曜日の何時頃に電話が多いのか、どれくらいの間隔でかかってくるのか、ということを様々な観点から分析していくことで、犯人がどのような職業で、どのようなライフスタイルを送っているのかということが割り出されてきます。そういった情報から、依頼主周辺の人物などを中心に調査していき、犯人を割り出すのです。
原一探偵事務所のような大手の探偵事務所ならば、犯人を特定して終わり…ではなく、犯人特定後の対応やフォローなども行ってくれるため、安心して任せることができます。無言電話などのいたずら電話に困っている方は、一度相談してみると良いかもしれませんね。

無言電話の犯人を特定することはできるの?

毎日のように頻繁にかかってくる無言電話。気が狂いそうになる!と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?一時的なものであるのなら良いのですが、これが長く続くとなると精神的にも追い込まれてしまいます。また、無言電話といったいたずら電話は、ストーカーが原因であることも少なくないため、甘く見ていてはいけません。無言電話などのいたずら電話が続くときは、早めに対処することが大切なのです。では、どのように対処すればいいのでしょうか。
NTTにいたずら電話で困っているということを伝えることで、サービスの範囲内で、非通知拒否や公衆電話拒否といった、いたずら電話の対策をすることができます。手間や労力は大きいですが、電話番号変更といったことも可能ですので、まずはNTTに相談してみると良いかもしれませんね。
それでもいたずら電話を防ぎきることができなかったら、ストーカーなど悪質な場合が考えられますので、そのときは犯人を特定していく必要が出てきます。そんなときは探偵事務所に相談するのが一番です。探偵事務所であれば、いたずら電話のパターンなどを分析して、犯人象を割り出していくことができます。原一探偵事務所であれば、犯人特定後もその後の対策やフォローまで面倒を見てくれるため安心です。電話被害で困っている方は、一度相談をしてみましょう。

無言電話の対処はNTTでもできる?

無言電話などいたずら電話に困るようになったら、警察や探偵に相談することを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。しかし、実は自分で迷惑電話対策をすることができるのです。どうすればいいのでしょうか。
NTTには、迷惑電話の対策ができるサービスがいくつか用意されています。NTTに連絡をし、状況を相談することで、対策方法を教えてくれますので、まずは連絡をしてみるといいですね。
具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。まず、かけてきた相手の電話番号を表示させる「ナンバー・ディスプレイ」。電話に出る前に、相手が誰なのかが電話番号でわかるので、必要な相手の電話だけに出ることができます。次に、電話番号を通知しなければ電話がつながらない「ナンバー・リクエスト」。非通知などでかけてくるような相手に有効となります。非通知でかけてきた相手の電話は、呼び出し音も鳴らないので便利です。「迷惑電話おことわりサービス」は、迷惑電話を受けた後に、電話機からの操作でその電話番号からの電話を拒否することができます。こういったサービスを組み合わせることで、ある程度の迷惑電話に対応することができます。
それでも迷惑電話が続くようならば、悪質なストーカーなどの危険性があるので、警察や探偵事務所に相談するようにすると良いでしょう。原一探偵事務所ならば、無料で相談・見積もりができるので、気軽に相談することができますよ。

ニセ探偵のストーカー・嫌がらせ調査詐欺に要注意!

探偵・興信所は、ストーカー・嫌がらせ対策の頼みの綱ですが、激安や返金保証など耳障りのよい言葉だけを見て、きちんと選ばないと大変なことになります。
ありがちな詐欺事例を紹介します。


〜自作自演の詐欺の手口〜

本当に見つけたの?

詐欺マンガ2



〜嘘の調査詐欺の手口〜

本当に調査している?

詐欺マンガ1


探偵事務所や興信所のフリをしている詐欺会社に依頼しないように注意が必要です。


ストーカー調査を安心して頼める所は?

多くの探偵社・興信所の中で、唯一 県庁のホームページに掲載されている「原一探偵事務所」が最も信頼できます。

※ただし、料金は安くありません。その分、調査成功率が高く、短期間で済むことでトータル安くなるケースもあります。


信用・実績・調査力はダントツなので、原一は必ず候補に入れましょう。

原一探偵事務所の詳細はこちら